どんどん淵峡

昔々、近くの滝城が敵の大群に囲まれ、城主は城に火を放って自らの命を絶った。その際、谷間の淵に城から落ちた太鼓が滝に打たれて、援軍の進撃を思わせるように「どんどん」と辺り一面にこだました。その後、誰となくこの谷間の淵を「どんどん淵峡」と呼ぶようになった。また、いつしか、どんどん淵峡に「エンコウが出る」の噂を耳にするようになった。


最終編集:まっさんさん 施設登録:まっさんさん

住所東広島市豊栄町安宿近郊
アクセス国道486号を、大和町和木交差点から乃美方面へ約8Km
タグ 駐車場アリ 歴史
地図
元の位置に戻る
 
写真 コメント

まっさんさんの投稿です。2007/04/12 17:06


まっさんさんの投稿です。2007/04/12 17:06


まっさんさんの投稿です。2007/04/12 17:05


まっさんさんの投稿です。2007/04/12 17:04


まっさんさんの投稿です。2007/04/12 17:04


どんどん淵峡に関するブログエントリを書かれた場合は下記のアドレスにトラックバックをお願いします。
どんどん淵峡関連の情報を検索する

リンクについて施設運営者の方へ更新履歴利用規約プライバシーポリシー広告掲載についてリンク集運営組織